電話でのご相談予約はこちら

0120-393-041

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

B型肝炎訴訟を
久留米の弁護士に相談

clip
無料 最短60秒で診断 B型肝炎給付金診断

元号:

Q1生年月日は?

Q2

Q3

Q4

Q5

弁護士によるB型肝炎訴訟で国から給付金が支払われる理由

B型肝炎訴訟で給付金が受け取れる理由

B型肝炎ウイルスに感染し、発病している方は一定の条件を満たして訴訟を提起すれば、国から給付金を受け取ることができます。その理由は「集団予防接種」が原因で、B型肝炎が引き起こされたからです。

現在の日本では予防接種や注射のための器具はすべて使い捨てとされており、他人と共有されることはありません。しかし、昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までは、注射器の使い回しが許可されていました。注射針の使い回しをしないようにと指導されたのは昭和33年です。そのため多くの方がB型肝炎ウイルスに感染しました。厚生労働省の推定によると、予防接種やツベルクリン反応検査が原因でB型肝炎ウイルスに感染した方は40万人を超えていると言われています。

予防接種などが原因でB型肝炎を発病した方は、長い期間国を相手取り訴訟を続けておりましたが、国と原告の間で全体的和解が成立したのは平成23年6月です。それ以降は患者それぞれが国に対して国家賠償請求訴訟を起こした上で、和解を行うことで、国から給付金を受け取れる仕組みが整備されました。国による補償金額は、病態に応じて50万円から3600万円と定められております。B型肝炎により死亡した場合、肝臓がんを発症した場合は3600万円、軽度の肝硬変で2500万円が支払われます。

給付金が貰える条件

豊富な解決実績

相談実績
137,466
提訴実績
13,392
2019年11月現在

久留米でB型肝炎訴訟の解決実績が豊富な弁護士をお探しの方へ

※2012年から2017年で、相談件数実績が約637倍に増加しております。

B型肝炎は、弁護士に医学知識が必要とされる、特殊な分野です。
ベリーベストでは、肝臓専門医療機関と連携し、解決実績が豊富な弁護士がB型肝炎専門チームを組んでカルテ等の証拠収集のサポートなど、お客様にご負担をおかけしないサポート体制が整っています。

巽 周平


ベリーベスト法律事務所
B型肝炎チーム リーダー
弁護士 巽 周平
(第二東京弁護士会)

B型肝炎訴訟を依頼する、法律事務所の選び方

久留米でB型肝炎訴訟を弁護士に依頼したい方へ

B型肝炎訴訟を提起すべく弁護士を探している方は、これから解説するポイントを参考に法律事務所を選びましょう。
まずは、「B型肝炎訴訟」の実績がある法律事務所を選ぶべきです。B型肝炎訴訟は一般民事や刑事事件の弁護とは異なり、診断書やカルテ、母子手帳などの書類が必要です。また、状況に応じて医師の意見を仰ぎながら事案を進行することになります。これらの手続きを円滑に進めるためには、B型肝炎訴訟の実績とノウハウが必要不可欠です。
また「数多くのB型肝炎訴訟を経験している法律事務所」もひとつの目安となります。わずかな経験ではなく複数の実績がある事務所に依頼すれば、さらに安心です。
私たちベリーベスト法律事務所はこの2条件をクリアしておりますので、久留米市内該当する法律事務所の心当たりがなければ当オフィスにおまかせください。ベリーベスト法律事務所は、久留米オフィスだけでなく全国33ヶ所に拠点を構える法律事務所です。各拠点において、B型肝炎訴訟の実績がありますので、久留米オフィス単独ではなくグループ全体の実績・ノウハウを活かした対応が可能です。肝炎専門医療機関と連携して対応いたしますので、お体と心にご負担をかけることなく、ほとんどの手続きをおまかせいただけます。

久留米でB型肝炎の給付金の受け取りをお考えの方は

B型肝炎の給付金の受け取りをお考えの方は

1.B型肝炎給付金請求訴訟に解決実績がある弁護士が在籍している

ベリーベスト法律事務所 久留米オフィスでは肝臓専門医療機関と連携し、解決実績が豊富な弁護士がB型肝炎専門チームを組んでカルテ等の証拠収集のサポートを行っています。


2.提訴実績は法律事務所の中でもトップクラス

ベリーベスト法律事務所の提訴件数は、全国の法律事務所の中でもトップクラスです。
ベリーベスト法律事務所 久留米オフィスでは、最初から最後までお客様に負担をおかけすることなく手続きが可能ですので、ご安心ください。弁護士に依頼した場合には、給付金額の4%が訴訟手当金として国から別途支給されるため、負担額はさらに軽くなります。
B型肝炎の感染者の方、ご家族がB型肝炎の方は、ベリーベスト法律事務所 久留米オフィスにご相談下さい。

費用

ご相談、調査費用、着手金は無料!

相談料+調査費用+着手金=0円 相談料+調査費用+着手金=0円

お客様にお支払いいただくのは弁護士費用だけ!

弁護士費用 = 給付金の13%+6万円 弁護士費用 = 給付金の13%+6万円

例)給付金が2500万円の場合

国からの給付金2,500万円-弁護士費用(325万円[13%]+6万円=計331万円)=お客様の受取2,169万円

※弁護士費用は給付金の「17%+6万円」を頂いておりますが、国から4%支給されますので、実質負担は「13%+6万円」となります。

久留米市・久留米市近郊・福岡県周辺でB型肝炎訴訟をお考えの方へ

久留米市・久留米市近郊・福岡県周辺でB型肝炎訴訟を検討している方は、ベリーベスト法律事務所 久留米オフィスにおまかせください。

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスへの感染で引き起こされる肝臓の病気です。症状が進むと肝硬変や肝臓がんを発症し、死に至るケースもあります。B型肝炎の原因であるB型肝炎ウイルスの感染の一部は、予防接種やツベルクリン反応検査の際の、注射器や注射針の使い回しによって引き起こされました。平成23年には、国が全面的に責任を認めた上で、謝罪し、今後は個別に責任の有無を争うことなく所定の手続きを踏めば、被害者やその遺族は給付金を受け取ることができるようになりました。

B型肝炎訴訟は、厚生労働省がホームページで定めているように、手続きが明確化されていますので、個人でも対応は可能です。しかしながら、患者様やその家族にはご負担が大きく時間がかかる上に、確実とは言えませんので、弁護士への依頼を強くおすすめします。

B型肝炎訴訟を提起するためには国に対して「国家賠償請求訴訟」を提訴しなければなりません。その上で、裁判所が仲介して国との間で和解協議を進めます。国家賠償請求訴訟を提起するためには、母子健康手帳か市町村が保存している予防接種台帳が必要です。これらの証拠が用意できなければ、提出できない旨の陳述書や、接種痕を確認できる旨を記載した医師の意見書などが必要です。さらに、B型肝炎ウイルスに感染していることを証明する証拠や医療記録などが必要となります。

また国の集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した母親から生まれた子どもがB型肝炎に感染した場合は、二次感染者として給付金の請求が可能ですが、必要な書類はさらに増えます。母親が国の集団予防接種によるB型肝炎感染の被害者であることを証明する書類に加えて、本人の病態を証明する資料が必要です。

これらの書類の用意は、あくまでもスタート地点であり、ここから訴訟の手続きが始まります。まずは、訴状を書いて、裁判所に提出します。これを「提訴」と言います。提訴後、裁判所から期日を指定されますので、出廷します。裁判所に提出した書類を点検して、被害者であることが確認されたら和解成立です。資料の不足がある場合やさらに証明する証拠が必要な場合は、再度書類を用意して提出しなければなりません。

これらの書類をすべて用意するのは、一般の方にとっては困難なことです。また用意した上で訴状を作成し、証拠を整理して提訴するのはさらに難しいでしょう。B型肝炎によるさまざまな症状が現れている場合は、準備期間や訴訟は心身ともに大きな負担となります。ですので、B型肝炎訴訟は弁護士に一任しましょう。「弁護士に相談すると費用がかかる」と二の足を踏む方が多いですが、訴訟費用の一部は国から支払われますのでご安心ください。ベリーベスト法律事務所 久留米オフィスではB型肝炎訴訟のご相談を広く受け付けております。ご一任いただければほとんどご面倒をおかけすることなく、資料集めや提訴の手続きを行いますので、貴重な時間を無駄にすることもありません。

厚生労働省 B型肝炎訴訟の手引き ご自身での提訴を考えている方へ(説明編)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-393-041

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

久留米オフィスの主なご相談エリア

久留米市、八女市、うきは市、八女郡広川町、筑後市、三潴郡大木町、大川市、小郡市、三井郡大刀洗町、朝倉市、みやま市、柳川市、大牟田市、朝倉郡筑前町、朝倉郡東峰村、田川郡添田町、筑紫野市、飯塚市、太宰府市、大野城市、嘉麻市、嘉穂郡桂川町、那珂川市、佐賀県(佐賀市、神埼市、吉野ヶ里町、上峰町、鳥栖市、みやき町、基山町)、熊本県(山鹿市、玉名郡和水町、玉名郡南関町、荒尾市、玉名郡長洲町、玉名市)、大分県(日田市、中津市、宇佐市、玖珠町、九重町)、およびその他近隣地域

ページ
トップへ